« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

おまえうまそうだな

「おまえうまそうだな」



amazonで確認おまえうまそうだな

楽天で確認おまえうまそうだな

オススメ度:★★★★★

対象年齢4歳

ストーリーbook
ティラノサウルスとアンキロサウルスの奇妙な関係の物語。

アンキロサウルスを食べようと思って近づいてきたティラノサウルス。
それを見たアンキンロサウルスは、こともあろうに、「お父さん!」といってしがみついてしまいます。

ティラノサウルスは戸惑いながらも、「お父さん」として振舞うことになるのですが・・・

オススメポイントeye
アニメ化もされた大人気絵本。

「おまえうまそうだな」という物騒なタイトルとはうらはらに、
不思議な2匹の関係が切なくも優しい絵本です。

大人も考えさせられる読み応えのあるストーリーになっています。

あんぱんまん(アンパンマン)

「あんぱんまん」



amazonで確認あんぱんまん

楽天で確認あんぱんまん

オススメ度:★★★☆☆

対象年齢2歳

ストーリーbook
ご存知「アンパンマン」の第一作。

お腹をすかせた子どものもとにあんぱんまん(第一作目の段階ではアンパンマンはひらがなでした)がやってきて、頭がなくなるまでパンをあげます。

そして、子どもがお腹いっぱいになると飛んでいきます。

オススメポイントeye
今のアンパンマンのようにジャムおじさんや、その他の仲間がいないだけでなく、
アンパンマンの頭もなくなったままです。

こんな本を子どもに見せていいのかな?とも思ったのですが、
さすがは、アンパンマン。

子どもにはやっぱり大人気みたいです。

アンパンマンの原点でもある本作。
アンパンマン好きの人はぜひ!

くまのプーさんスペシャル

「くまのプーさんスペシャル」



amazonで確認くまのプーさんスペシャル

楽天で確認くまのプーさんスペシャル

オススメ度:★★★★★

対象年齢2歳

ストーリーbook
プーさんとはちみつ/プーさんと大あらし/プーさんとティガー/プーさんとイーヨーのいちにち/プーさんの愛のおくりもの/プーさんのイースター/プーさんのエイプリルフール/プーさんのハロウィーン/プーさんのサンクスギビング/プーさんのクリスマス/イーヨーのかんちがい/プーさんのわれたつぼ/ラビットのはちみつケーキ/ピグレットのちっちゃなどんぐり/プーさんのおかしの家/クリストファー=ロビンとトロール=カラス/ティガーははねるのがだいすき/ラビットはきちんと屋さん/ゆうかんなピグレット/オウルの小さなたび/ゴーファーの大てがら/イーヨーの王子さま/カンガとルーのかげあそび

くまのプーさんのお話がたっぷりつまった一作です。

オススメポイントeye
個人的なことをお話すると、くまのプーさんは私が初めて読んだ(読んでもらった?)絵本です。

ディズニーキャラクターの中でも、私がプーさんに特に思いいれがあるのは、そのためだと思います。

くまのプーさんスペシャルはプーさんのお話がたっぷり詰まった一冊です。

プレゼントにも最適だと思います。present

ミッキーマウスクラブハウス たのしいいちにち

「ミッキーマウスクラブハウス たのしいいちにち」



amazonで確認ミッキーマウスクラブハウス たのしいいちにち (ディズニーしかけえほん)

楽天で確認たのしいいちにち 【Disneyzone】

オススメ度:★★★☆☆

対象年齢2歳

ストーリーbook
ミッキーマウスクラブハウスでは、今日もにぎやかで、楽しい1日がはじまります。
どうぞ、あなたも、なかまいりしてください!

このユニークなしかけえほんでは、たっぷりと楽しみながら、いろいろなことを学ぶことができます。

しかけをめくったり、ひっぱったり、動かしたりすると、
動物やさまざまなものがすがたをあらわします。

しかけをまわすと、絵が大変身します!

(「BOOK」データベースより)

オススメポイントeye
子どもよりも、むしろ大人に人気があるのでは?と思えてしまうディズニーのキャラクターですが、
この絵本は、そんなディズニーキャラクターのミッキーマウスのしかけ絵本ですから、子どもが楽しめないはずがありません。

今も昔も仕掛け絵本は子どもに大人気です。

子どもよりも親がハマってしまいそうなくらいですw

ちいさいおうち

「ちいさいおうち」



amazonで確認ちいさいおうち (大型絵本)

楽天で確認ちいさいおうち改版

オススメ度:★★★★★

対象年齢6歳

ストーリーbook
「むかしむかし、静かないなかにちいさいおうちがたっていました。それは、ちいさいけれどとてもがんじょうにつくられた、強いおうちでした」

小さなおうちは、田舎にひっそりと建っていましたが、
小さなおうちのまわりに次々と新しい建物が建っていき
小さなおうちは、次第にひとりぼっちになっていきます。

やがて、小さなおうちを一人の女性が救いの手を差し伸べます。

オススメポイントeye
カルデコット賞に輝いた不朽の名作。

大人なら「ちいさなおうち」の気持ちが痛いほどわかるはず。
子どもたちも、そうした「ちいさなおうち」の気持ちを感じ取ってくれるでしょう。

子どもはもちろん、大人にはぜひ読んでみて欲しい一冊です。

ふたりはともだち

「ふたりはともだち」



amazonで確認ふたりはともだち

楽天で確認ふたりはともだち

オススメ度:★★★★★

対象年齢5歳

ストーリーbook
がまくんとかえるくんの2匹のカエルのお話。

「はるがきた」、「おはなし」、「なくしたボタン」、「すいえい」、「おてがみ」の2匹のカエルの友情を描く5つのお話。

オススメポイントeye
小学校の教科書にも採用されているので、知っている人も多いハズ。

ほのぼのしたお話と仲良しの2匹のカエルの様子に、大人も子どもも夢中になって読めます。

「友情っていいな」というメッセージは大人になってから読んでも、考えさせられるものが多いです。

100万回生きたねこ

「100万回生きたねこ」



amazonで確認100万回生きたねこ

楽天で確認100万回生きたねこ

オススメ度:★★★★★

対象年齢6歳

ストーリーbook
100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。
今まで100万人の人がそのねこをかわいがり、100万人の人がそのねこが死んだときに泣きました。

あるときねこは誰のねこでもない、のらねこになりました。
やがて子どもが生まれ、自分よりも大切な家族ができました。
そして・・・。
100万回死んでも悲しくなかったねこは、はじめて愛することを知り、
愛する者を失って涙を流すのです。


オススメポイントeye
日本を代表する絵本の一冊。

大人のための絵本であると同時に、子どもにも読んで欲しい一冊です。

家族関係で残念なニュースが流れる今だからこそ、
改めて「愛すること」の大切さを感じて欲しい。
そのための絵本。

動く絵本ニコニコ村

ニコニコ村のマッチンくん


Nikonikobana06_2

オススメ度:★★★★★

対象年齢4歳

ストーリーbook
web絵本ならではの、絵本のストーリーに参加できるタイプの「動く絵本」。

オリジナルキャラクターのマッチンと、その仲間の愉快なお話です。
種類も多いので、長く楽しめます。

オススメポイントeye
無料で見れる絵本といえば、やっぱりweb絵本です。

一時はそれなりの数のサイトがあったのですが、
最近も更新しているサイトは、すっかり減ってしまいました。

ニコニコ村は、無料で絵本を提供してくれる数少ないホームページの一つです。

絵本以外にもゲームや間違い探し、お勉強のコーナーもあります。

あいうえお」や「ABC」はとってもお役立ちですhappy02

ちいさなあなたへ

「ちいさなあなたへ」



amazonで確認ちいさなあなたへ

楽天で確認ちいさなあなたへ

オススメ度:★★★★

対象年齢大人向け

ストーリーbook
「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本。

親になったことの喜びや不安、苦しみ、そして生命がそうして受け継がれてきたであろうことが、シンプルな絵と文章で淡々と綴られています。

オススメポイントeye
今年、アメリカで発売されてベストセラーとなり話題となっている絵本です。

これからお母さんになる人だけでなく、お父さんになる人にも読んで欲しい一冊。

だるまさんが

「だるまさんが」



amazonで確認だるまさんが

楽天で確認だるまさんが

オススメ度:★★★★★

対象年齢0歳

ストーリーbook
「だるまさんが・・・・」に続く言葉は・・・
と、思い通りの結果にはならない子どもも大人も大笑いの人気絵本。

オススメポイントeye
手足のある愉快なだるまさんの動きと
ユーモラスな表現が大人気。

ファーストブックにもぴったりです。

おおきな木

「おおきな木」



amazonで確認おおきな木

楽天で確認おおきな木

オススメ度:★★★★★

対象年齢6歳

ストーリーbook
いつでもそこにあるりんごの木と、成長し変わっていく少年。
木は惜しみなく少年に愛を与え続けた…

世界的名作絵本が村上春樹の訳で新登場!

オススメポイントeye
読む人によって感じ方はそれぞれ。
木に共感する人、少年に共感する人。

また、同じ人でも、この物語を読んだ時によって、
感じ方や共感するものが変わります。

物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。
(訳者あとがきより)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

オススメ絵本


アクセスランキング