« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

よこながきしゃぽっぽ

「よこながきしゃぽっぽ」



amazonで確認よこながきしゃぽっぽ

楽天で確認よこながきしゃぽっぽ

オススメ度:★★★★★

対象年齢2歳

オススメポイントeye
単なる折りたたみ絵本と違い、汽車につんである絵にも楽しい仕掛けがいっぱい。

絵をみているだけでも楽しいし、しかけで遊んでもよし、もちろん広げて汽車遊びもできます。

電池で動く汽車のおもちゃもいいですが、
こうした想像力を掻き立てる絵本もいいですね。

Rrerrtre_2

いもとようこ カレンダー 2011

「いもとようこ カレンダー 2011」



amazonで確認いもとようこカレンダー2011

楽天で確認いもとようこカレンダー 2011

オススメ度:★★★★★

対象年齢0歳

カレンダーbook
日本を代表する人気絵本作家いもとようこさんのカレンダーです

やさしいタッチで描かれたかわいい動物たちのカレンダーを毎月楽しむことができると考えただけで楽しいです♪

いもとさんのファンならずとも楽しめるカレンダーです。

三びきのやぎのがらがらどん

「三びきのやぎのがらがらどん」

三びきのやぎのがらがらどん

オススメ度:★★★★★

対象年齢4歳

ストーリーbook
三匹のどれも「がらがらどん」という名前のヤギが
橋の下に住むトロルと戦うお話。

一番最後に体の大きいがらがらどんがトロルと戦います。

オススメポイントeye
ダイナミックな絵と繰り返しのお話が子どもにも人気。

トロルと戦うところは少しグロテスクなところもあるんですが、
子どもにはこういったことも楽しめるようです。

日本でも人気の高い絵本です。

ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

「ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス」



amazonで確認大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

楽天で確認ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス大判

オススメ度:★★★★★

対象年齢4歳

ストーリーbook
クリスマスイブにゆかいな郵便屋さんがやってきます。

最初は4ひきぐまロッジ。
お次は赤ずきんちゃんのおうち。
どんなお手紙が届いたのかな?


オススメポイントeye
1992年度ケイト・グリーナウェイ賞受賞

絵本の中に、手紙やカード、パズルなどの付録もついていて、
絵本だけでなく付録でも子どもが大喜びしてくれることまちがいなし


楽しめるクリスマスの絵本なら、まちがいなくナンバー1と言える絵本です。

絵本についている手紙を彼氏や彼女、または奥さんや旦那様宛てのメッセージに代えれば、
超豪華なクリスマスカードにすることもできますね。

こびと観察入門(1) 捕まえ方から飼い方まで

「こびと観察入門(1) 捕まえ方から飼い方まで」



amazonで確認こびと観察入門〈1〉捕まえ方から飼い方まで

楽天で確認こびと観察入門(1)

オススメ度:★★★☆☆

対象年齢3歳

ストーリーbook
コビトの捕まえ方、飼育の仕方、観察のコツを楽しくおぼえる入門書です。

捕まえるときの罠や装置、飼うための設備などを「写真」とイラストで紹介します。
新種も登場して、ますます楽しいコビト本です


オススメポイントeye
今や、押しも押されぬ人気絵本。

最近ではこの絵本にハマっている大人も多いとか。

実際に見てみると、楽しくて日ごろの疲れも癒されます。

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪島へ (絵巻えほん)

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪島へ (絵巻えほん)」

612jcnxes6l__sl500_aa300_



amazonで確認ゲゲゲの鬼太郎 妖怪島へ (絵巻えほん)

楽天で確認ゲゲゲの鬼太郎妖怪島へ

オススメ度:★★★☆☆

対象年齢4歳

ストーリーbook
悪い妖怪を退治するため、鬼太郎とその仲間たちが妖怪島へやってきた。

鬼太郎たちは得意技を使って大活躍!お互いに呑めや、歌えの大宴会で大いに盛り上がり…。

別冊付録では、全妖怪の特徴を楽しく解説。
絵巻になった絵本は全長2.8mの大画面。

オススメポイントeye
今年は流行語大賞にもなった「ゲゲゲの~」で鬼太郎人気もまた火がついたようです。

既に5回ものアニメ化を誇る超ロングセラー作品。

子どもよりも、親が夢中になって読んでしまうかもしれません。

くっついた

「くっついた」



amazonで確認くっついた

楽天で確認くっついた

オススメ度:★★★★☆

対象年齢0歳

ストーリーbook
ページをめくっていくと、いろんなものがくっつきます。

ぞうさん、金魚・・・

最後は赤ちゃんをはさんで、パパとママもくっついた!

オススメポイントeye
読んでもらってるほうよりも、読んであげてるほうが幸せになってしまうような絵本。

内容は単純ですが、至高の幸せを感じることのできる絵本に仕上がっています。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

オススメ絵本


アクセスランキング